スタイリングは得意か


みなさんはスタイリングは得意ですか?そう質問されると多くの人は「実はスタイリングが苦手なんだよね」というのではないでしょうか。美容室でせっかくきれいにしてもらっても、そのヘアスタイルをいざ自分でスタイリングしようとすると上手くいかなくて、結局お気に入りのヘアスタイルを楽しむ事が出来てのは、美容室へ行った時だけだった、という経験を持つ人は多い事でしょう。ではどうして自分でスタイリングするとそんなに難しいのでしょうか。おそらく「美容師はプロなんだからスタイリングが上手くできて当たり前」とか「自分でやろうとするから難しのだ、人のスタイリングなら出来るかもしれない」と考えるかもしれません。ですが実はそこに落とし穴があって、「使っているスタイリング剤が適切ではない」という問題があるようなんですね。確かにスタイリング剤といえばドラッグストアで購入しようとすると迷うほどの種類が販売されています。多くの人は適当に自分に当てはまりそうなスタイリング剤を選んでいるのではないでしょうか。私は髪が固いから「固い髪用」といった感じですね。ですが実はスタイリング剤にはそれぞれに適したものがって、自分の髪質、なりたいスタイルなどに合わせて適切なものを選ばなければ、その効果が発揮されない様なんですよね。

何を使えばよいのか

ドラッグストアに足を運んでみると、本当にたくさんのスタイリング剤が並んでいます。あてもなく見ていると訳が分からなくなりますよね。ですから理想的なのは、本当に自分に必要なのは、どのスタイリング剤のどのタイプのものを選ぶのか、という事をきちんとわかってから買いに行くべきなんですね。そこでまず最初に選ばなくてはならないのは「何を使うか」という事ですね。スタイリング剤には「ワックス」「スプレー」「ヘアクリーム」「ムース」など色々な種類のものが販売されています。そしてそのどれをえらぶか、という事は「どんなヘアスタイルを作るのか」という事によって違ってくるんですね。おそらく多くの人は「どのヘアスタイルに何を使えばよいのか本当は解っていない」という状況ではないでしょうか。実はだいたいの所でその役割は決まっていて、ワックスは自然な動きのあるスタイルにしたい場合、ジェルはトリートメントも同時に行いたい場合、乳液タイプはヘアスタイルを強めにキープしたいとき、スプレーはそにかくスタイルを崩さない事を目的とする、ミストはキープ力はあるけれども仕上がりを自然な感じに、という感じで、それぞれ役割が違うのです。自分がナチュラルな感じにしたいのに、スプレーを使ってしまうと、かなりカチッとした仕上がりになてしまうんですね。

今日明日行けるサロン

「いつでも気軽に素敵になりたい」そんなコンセプトから出来た美容室です
平井にある美容室
当日の素敵なスタイルを出来るだけ長く維持できるようになります
稲毛にある美容院
男女共に幅広い年齢層の方に人気
大塚にある美容室