向上心を認めてあげる


美容師として働いている男性の多くは、今のポジションやテクニックよりもさらに上を目指そうとしています。ですからそういった強い気持ちを持っている人ほど、日々の練習や情報収集、勉強会への参加などに熱心になるものです。ずっと雇われているポジションのままで良いし、現状で満足している、という美容師であればプライベートを優先させることにも抵抗が無いかもしれませんし、そういった男性美容師の彼女としてはその方が嬉しいかもしれません。自分の方を向いていてくれる時間を多く持つことができるからです。ですが本当に美容師と言う職が好きな人はそこに留まることに満足しない人が多いものです。そして美容師と言う仕事は上を目指そうとするならば、際限なく上を目指す事ができる職業でもあります。クリエイティブな面を持ちあわせている職業なので、今のトレンドをいち早くキャッチしたり、自分のセンスで新しいものを発信したり、といつまでも上を目指すチャンスがある職業です。ですからそういった男性美容師であるならば、日々の生活すべてが美容師という職に通じているものだ、といっても過言ではないでしょう。そんな美容師の彼女となるからには、そんな彼の気持ちを理解してあげなくてはならないと言う事になるでしょう。

理解してほしいと思っている

おそらく美容師の男性たちは、他の職業の人に比べて「自分のことを理解してほしい」と思っているのではないでしょうか。美容師の仕事と言うのは見た目と実際の仕事量がまったく違っている職業と言えるでしょう。彼女にしてみれば華やかでカッコいい職業、と思っているかもしれませんが、実際は給料は少ない、拘束時間が長い、手荒れや腰痛に悩まされる、人間関係が厳しい、といった色々な悩みを抱えている美容師が多いのです。自分の彼氏は素敵な美容師、といつまでも思っている彼女ではとてもやっていけないと思われます。彼の仕事の本当の姿を受け入れ、それを認めてあげる、大変さに寄り添ってくれる、そんな彼女を彼は求めているはずなんですね。まちがっても「仕事と私とどっちが大切なの?」というような事では長続きはしないのではないでしょうか。おそらく美容師は仕事中に十分気を使った時間を強いられているはずです。お客さんに対して常に笑顔でいなくてはならない、先輩に気を遣わなくてはならない、後輩のミスもお客さんの前では叱ることが出来ない、といった感じです。それでいて仕事が終わってから彼女に色々とダメ出しをされるのでは、とても精神的に厳しい状態になってしまうでしょう。理解してほしい、と常に思っているのが美容師だと思われます。

今年のトレンドサロン

髪に優しい薬剤を厳選しているので、相談してみて☆
ヘアサロン 鶴瀬駅 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ
共感と丁寧なカウンセリングで『なりたい』を叶えます
岩槻にある美容院
まるで海外のホテルのような重厚感
中目黒にある美容院