現代のヘアスタイル


ヴィダル・サスーンの登場により、現代の日本人のヘアスタイルの基礎が出来上がり、それにどんどんと色々な事が上書きされてきたのが現代だといえるのかもしれません。その間にはカリスマ美容師ブームが有ったり、さまざまなヘアスタイルが流行しましたし、どんなに他のヘアスタイルが流行ったとしても廃れない基本的なヘアスタイルもあります。そして当時と違っているのはヘアケア用品の進化ではないでしょうか。パーマやカラーの薬剤にしても質が良く短時間で施術を終えられるものが出来てきましたし、極めつけはそういった事が自分で自宅で出来る様にもなった事でしょう。人々は美容室とホームケアを上手く使い分けながら自分のヘアスタイルを自由に決める事が出来るようになり、多少のケアであれば自分で出来るようになったんですね。江戸時代などとくらべるとかなりの違いです。そこには人々がそれだけヘアケアに時間やお金をかける事が出来るようになった、という生活の豊かさもあったでしょう。戦時中にはぜいたくは敵、とされてパーマをかけるための電力も節約された時期も有ったようですが、それを乗り越えた現代では、人々が自己表現の一つとして自分に似合うヘアスタイルを楽しむ事が出来るようになったことは、平和な時代の象徴の一つでもあるかもしれません。

ヴィダル・サスーン

大正時代に日本で初めての学校として美容学校が開設されました。まず設立されたのは「東京女子美髪学校」だそうです。それを発端に美容学校はさくさん設立されるようになったようです。学校で学ぶほどさまざまなヘアスタイルが誕生したとも言えるでしょう。そしてそうやって美容師がおおく排出されるようになるとそれを束ねるための決まりも必要になり「美容師法」という法律が生まれました。そして何よりも日本人のヘアスタイルに影響を与えたのは今でもヘアケア製品にその名を使われている「ヴィダル・サスーン」でしょう。イギリスの美容師ヴィダル・サスーンが始めたヘアスタイルは現代のヘアスタイルの基礎となっていると言っても良いでしょう。今では当たり前となっている「自分で家で髪の毛を洗って、自分でヘアスタイルを作る」という方法が定着したんですね。つまり自分で自分のヘアスタイルをコントロールできるようなヘアスタイルづくりを美容師がするようになったんですね。このカット方法により劇的にヘアスタイルの種類も増えたといえるのではないでしょうか。そして今でもすべてのヘアスタイルの元はヴィダルが作ったものを原型としている、と美容師の間では言われているようですね。どんなに新しいヘアスタイルを作っても、どこかにヴィダルの作ったヘアスタイルが入っている、という事のようです。

お気に入りのサロンが見つかる

お店やホームページを常に最新の状態にしませんか?
ヘアカタログ
髪のプロとしてのプライドを持った技術。
新小岩にある美容院
毎月通えるリーズナブルな料金設定。
美容院 大島 パーマ 西大島 トリートメント 縮毛矯正 口コミ メンズ